Menu

ボードゲームクラブ

○ 学校に行きにくい子、おだやかに人と関わりたい子のためのボードゲームクラブです。

○ 心理、教育、福祉の専門職と子ども支援者がスタッフとなり、お子さんの遊びをサポートします。

○ ボードゲームの安全な世界で、ソーシャルスキルを育みます。

ボードゲームでは、安全が確保されたルールと場において、自分の力を活用して目標を達成します。そのような機会は実社会では稀です。そのため、ボードゲームは、プレイセラピーで多く活用されています。

ボードゲームという安全な場で、言葉に限定したコミュニケーションだけではなく、カードを交換したり、コマを獲得したりすることによる非言語的なコミュニケーションを行うことで、ソーシャルスキルを向上させるための機会を得ることができます。そのための場が、ボードゲームクラブ「ダイスの木」です。

プレイできるボードゲーム


・CITADELS あやつり人形
・アリスガーデン
・algo
・ito
・ウボンゴ・トライゴ
・ガイスター
・カタン
・カルカソンヌ
・狩歌
・ゴキブリポーカー
・GO STOP
・小太刀
・コヨーテ
・ザ・ゲーム
・ザ・マインド
・さまことば
・人狼DX
・Splendor 宝石の煌き
・それはオレの魚だ!
・ダンジョン・オブ・マンダム
・注文の多すぎるゲーム
・トータス
・ドミニオン
・ニムト
・ナンジャモンジャ
・ノック・ノック・ダンジョン
・ハイリスク
・ハゲタカのえじき
・バンディッド
・Hanabi
・ヒットマンガ
・Fillit
・ブロックス・デュオ
・punto
・街コロ
・マンカラ・カラハ
・勇者ヌルポコ
・ラブレター
・ラマL.A.M.A.
・立体4コマ並べ
・Lost Cities
・ロビンソン漂流記
・ワードスナイパー・キッズ
などなど

お互いに良い気持ちで過ごせるよう、参加上のルールがあります。

【プレイ仲間に対して】

○勝っても負けても、相手がイヤな気持ちになることを言わないようにしましょう。
▶︎遊んでイヤな気持ちになったら悲しいね。

○プレイするゲームを決める時は、お互いにゆずり合いましょう。
▶︎相手のやりたい気持ちを大切にしよう。

○みんなが楽しくプレイすることを最優先しましょう。
▶︎楽しむことが「ダイスの木」の目的

○自分の考えを言いにくそうにしている人がいたら、優しくたずねましょう。
▶︎みんなが自分の考えを言えるわけじゃないから。

【道具の扱い方】

○道具を大切に扱い、使用後は、箱に元通りにしまいましょう。
▶︎次にやる時に気持ち良いからね。

○1つのテーブルには1つのゲームだけを出しましょう。
▶︎カードが混じったりしないようにです。

○ゲームを行うテーブル上には、飲み物は置かないようにしましょう。
▶︎こぼして使えなくならないようにね。

○切れたり、こわれたりした時には、素直に話しましょう。
▶︎道具は使っていればこわれるものだから。

【ダイスの木の特別ルール】

○途中で気分が悪くなったら、ぬけてリフレッシュしてかまいません。
▶︎だから、途中退出してもお互いに何も言いません。

○たくさんの仲間と無理に交流する必要はありません。
▶︎人それぞれに合った遊びの人数があります。

○人のプレイを見ているだけでもかまいません。
▶︎サッカーを見るだけの人がいるのと同じです。

○大人だけが相手をすることもできます。
▶︎合う年齢だって人それぞれです。

参加するには?

開催日:月1回の土曜日 OPEN 13:30 – CLOSE 16:00
 ☆ 次回は、令和4年11月5日(土)です。
参加費200円 ※破損した際の補充費用
会場:新潟市総合福祉会館
申込方法メールにて、「ダイスの木申し込み」のタイトルで、①参加日、②参加者全員の氏名(続柄)、③参加するお子さんの年齢、④参加日に連絡のつく電話番号、⑤およその参加予定時間(何時から何時まで)をお知らせください。
持ち物:特にありませんが、飲み物は各自ご用意ください。(自販機あります)

☆ ご家庭にご不要なカードゲーム、ボードゲームがありましたらぜひご寄贈ください。